はたけのおはなし*

春の畑

久々のお天気。お世話になっている在来種・無肥料栽培農家さんの畑へ。
昨年12月のライ麦はスクスクと伸びている。色が鮮やかでとても美しい。
a0135201_10114554.jpg
a0135201_1046938.jpg暖かいハウスの中では、数々の苗が大切に育てられている。 
これは、種採りを続けているお米の苗→。
自分の田で去年収穫したお米
から、また今年もお米が育つ。
あたり前のようですが、農家が種を買う時代になった今、
貴重な存在になってしまいました。
今日は、実際に苗作りの様子を見ることができてよかった。
2種のカボチャ・モロヘイヤ・年度が異なるスイカの種を頂く。
a0135201_23103356.jpg
a0135201_2331404.jpg私は、貴重な種が手に入り、本当にありがたくて感激する一方、
夫は念願の鶏肉に舞い上がりまくり。
早速、夕食は鶏の水炊き。生後一度も薬を使わずに育てられた鶏。
油やスープがとてもきれいでした。
これで、益々元気に畑仕事もがんばれそうです。

[PR]
<< 待つ事。 くらべない事。 キャベツ >>