はたけのおはなし*

巨大菜っ葉の自家採種

こぼれ種から発芽し、畑の隅で巨大化していた菜っ葉。
購入したタネを蒔いた葉物の生育が悪くても、このように自然が選抜したものは、驚くべき強さ。
菜花のあとに莢ができ、緑色の莢が乾いて茶色くなってきました。 種採りの時期です。
a0135201_175366.jpg
莢を割ってみると、タネがギッシリと入っている。 
このタネは一体、この土地に生まれて何代目なのだろうか? 
無肥料栽培を成功させる上で、非常な重要なポイント、「次世代へ命をつなぐ自家採種」
種採りは時間も手間もかかりますが、ひと粒ひと粒が貴重な命。たくさんの命を大切にしよう!
a0135201_17283866.jpg


[PR]
<< 雨の力 雨の翌日 >>