インゲンの種採り

収穫中の「つるありインゲン」。 
形の良い莢を残して、種を採っています。
これで、どのタネが何色のインゲンだったのか判明しました。
最初はタネを購入しても固定種ならば、
次回からは、自分で採った種を使うことができる。 
それに自家採種のタネは、育った環境をしっかり記憶しているそうです。
この土地で、どんな気候で、無肥料で、無農薬で...etc.
あたり前の事があたり前でなくなってしまった、種の世界。 
今後、自ら実践する中で、種の力を感じていきたい。 
a0135201_13224786.jpg

[PR]
by ouchitm | 2010-07-27 18:36 | 自然栽培の自家菜園