はたけのおはなし*

冬の葉菜

自然栽培で野菜を育てるということは、
土の力と作物の力を最大限に活かすこと。
シンプルなだけに奥が深く、毎年毎年、分かること以上に
分からないことが増えていく。。。

肥料や農薬が土の中にあると、土の力が発揮できないので
一刻も早く、肥料や農薬を土から取り去りたい。
今年は、畝間に麦を植え、通路も作らずびっしりお野菜を育てました。
しかし、まだまだ目に見える程、肥料が残っている。

それでも冬のお野菜は、春に比べると生育がゆっくりで
根が長く伸びるようになってきました。
ごせき晩生小松菜と日本ほうれん草。↓ 
霜にあたり、糖分を蓄えながら、じっくり育った味が楽しみです。
a0135201_10412783.jpga0135201_13322798.jpg
[PR]
<< 2011年、ありがとうございました! 豌豆 >>