はたけのおはなし*

畑の撤去作業Ⅱ+新しい畑

昨日、農具と物置の移動が済んだので、本日から新しい畑を開始。 
この畑は36年間、化学肥料、農薬、家畜の糞尿堆肥等、
人為的な肥料がいっさい使われていない。
土が物凄くふかふかで、足がズボズボと入ってしまう。
肥料を与えないと野菜はどんどん根を伸ばし、自らの力で栄養を吸収するので、
肥料をあげた場合の何倍もの根が地中に残り、これが自然の堆肥になっていく。 
a0135201_922163.jpg

早速、今日は、大麦を播種。1800粒×3袋。
初体験の種まき機を使わせて頂く。(1条用・9穴・18mm) 
北風避けになるように北側を多めに蒔き、畑の周りを囲んだ。 
種まき機は手で押しながら歩くだけで、種が落ちて土も被せてくれるという優れもの。
本当に種が落ちているのか心配だったが、少しずつ種が減り、最後には無くなったので
蒔かれたようだ。沢山蒔く時は、とても便利!
a0135201_920474.jpg
その後、サヤエンドウを蒔き、頂いた長ネギを一列植えた。
a0135201_9314774.jpg

[PR]
<< 畑の撤去作業Ⅲ 畑の撤去作業Ⅰ >>