はたけのおはなし*

カテゴリ:貸し農園で自然栽培( 220 )

やぐらねぎ3年目

この土地で、やぐらねぎの櫓(子株)は、5月に出てきます。
しかし、5月の高温乾燥の気候が苦手な様子で、
去年は、出現した櫓が全く増えませんでした。
a0135201_1958635.jpg
今年も暑い5月でしたが、冬に集まった落ち葉をそのままにし、
湿度を保ちながら、いくつか子株を取りました。
a0135201_2015229.jpg
土も湿ってきたので、植えてみます。
この小さな櫓は、根付くでしょうか?
a0135201_2040155.jpg

[PR]

マクワウリ

種を頂き、初めて育てている「マクワウリ」です。
4月中旬に直播きしました。
土がパサパサに乾いた暑い日々も、無潅水で乗り越え、
じっくりと育っている5月の姿。
a0135201_20131521.jpg
湿度が高くなると、一気に伸びてきました。
ジメジメの季節も、元気に育ってほしい。
a0135201_20143180.jpg
小さい実がついてきて、今後の展開が楽しみです。
a0135201_20151421.jpg

[PR]

花から種へ(法蓮草編)

自家採種4回目の日本ほうれん草。
畑に残しておいた数株から、たくさんのタネが実りました。
a0135201_1444212.jpg
鋭いトゲのある種が、全体的に乾燥してきたので、
ソールが頑丈な登山靴を履いて、踏んでいます。
a0135201_1595155.jpg
手で触ると痛いし、踏んだ方が簡単にバラバラになりました。
もう少し干して、選別して、瓶へ保存しておきます。
a0135201_15191341.jpg

[PR]

芋苗用サツマイモ

蒸し暑くなり、サツマイモの葉が育ってきています。
あと少しで、苗取りできそうなので、
気兼ねなく、残りの貯蔵イモを食べきりました。
ベニマサリとムラサキイモで、2色の大学芋。
a0135201_16293794.jpga0135201_16314146.jpg

[PR]

エンドウマメ3種

早くも終わりつつある、エンドウマメの季節。
赤い花は、莢が大きく収穫しやすい「仏国大莢豌豆」。
a0135201_2321910.jpga0135201_2324596.jpg
白い花は、小さい莢がたくさん実る「日本絹莢豌豆」と
a0135201_2305775.jpga0135201_2312664.jpg
自家採種しているうちに、皮が硬い品種に変化して、
実豌豆専用になった「グリーンピース」。
旬は、あっという間に去っていく。名残惜しいです。
a0135201_2334545.jpga0135201_234281.jpg
[PR]

Red Russian Kale

レッドロシアンケール:
・・・1885年頃にロシアからカナダに渡ったシベリアのエアルーム品種・・・
地球上の何処かで、何世代にも渡り、種が守られてきたように、
自分でも、自家採種しているケールです。

暑い時期に丈夫な苗を育てられれば、寒さにはとても強いので、
のらぼう菜のように、日々重宝することでしょう。
小さい葉は、ベビーリーフのサラダとして、
巨大な葉は、炒めると柔らかくて美味しいです。
a0135201_16463150.jpga0135201_16553172.jpg
a0135201_1895016.jpga0135201_18102937.jpg
[PR]

まるごと亀戸大根

昨年咲いた花が種になり、11〜12月に発芽した亀戸大根は、
a0135201_13473761.jpg
順番に大きくなり、食べ頃をむかえています。
a0135201_16554395.jpg
根も葉も柔らかい春の味、カメイドダイコンナムル!
a0135201_1711561.jpg
消化によい絶妙な大根おろしの、カメイドダイコンダンゴ??
a0135201_1350514.jpg
暖かくなり、大根洗いも楽になりました。
亀戸大根は、葉茎の色が白ですが、(右)
自家採種しているうちに緑色のものが出てきています。(左)
緑茎は、葉もやや大きめです。
a0135201_14303621.jpg

[PR]

野良坊菜とルッコラの薹

季節がめぐり、冬を越した野菜たちも動き出しました。
いろんな薹を見つけ、摘んで、食べる毎日です!
a0135201_1755141.jpga0135201_1763061.jpg
[PR]

新年のサラダ

お正月の華やかなごちそうの中で、
畑の大根サラダが、異色の存在感を放っていました。

今年も美味しい年になりますように。
次郎丸ほうれん草と青首大根の New Year's Salad!
a0135201_10222172.jpga0135201_10225817.jpg

[PR]

2014年、ありがとうございました!

来年も、たくさんの種を蒔き、
ささやかな喜びに幸せを感じたいと思います。
そして、土の変化を、野菜の生長を、
情熱をもって、じっくりと観察してまいります。

落ち葉が積もっている畑のルッコラより??
a0135201_1848409.jpg

[PR]