はたけのおはなし*

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

紫首大根

6月に種を採り、9月11日に蒔いた大根の様子。
これは三浦大根ですが、観察しながら間引いていると、
a0135201_938497.jpg
薄紫色の大根を見つけました。
首が地上に出ていて、今のところ青首大根に近い形です。
どこか他所の大根と交雑したのでしょう。
しかし1本だけなので、ちょっと貴重なパープルダイコン。
a0135201_939992.jpg

[PR]

自生え唐辛子

秋深まり、真っ赤に色づく「トウガラシ属」。
ピーマンと交雑するので、鷹の爪唐辛子の種は蒔いていませんが、
自生えで育ち、年々強くなっている気がします。
これがピーマンだったらいいのに。
a0135201_17411058.jpg
2週間程干して、乾いてきました。
とっても辛いので、魔除け効果も抜群だと思います。
a0135201_14193444.jpg
今年は、万願寺唐辛子に辛いのが多くなってしまいました。
甘いのか辛いのか、見た目で区別がつかず大変です。
辛くないトウガラシ属も、自生え唐辛子のように育ってほしい。
a0135201_1742114.jpg

[PR]

2015年の甘藷たち

秋の恒例、「2種のサツマイモ掘り」です。
温かみのある形とやさしい味が、ほっとするベニマサリ。
ほどよい大きさになっていました。
a0135201_104822.jpg
一つ一つ、いろんな形がおもしろい根の集団。
紫イモは、ヘビ風になりがちですが、キノコ風のものも...。
それぞれ真剣に生きた姿を、ありがたく真剣にいただきます。
a0135201_1562456.jpg

a0135201_1551690.jpg

[PR]

10月のパセリ

花が咲いて、辺り一面に種を落としたイタリアンパセリは、
a0135201_10211770.jpg
続々と発芽し、柔らかいパセリの絨毯が広がりつつあります。
a0135201_10463727.jpg
丁寧に耕して自分で種を蒔いても、こんなに育たなかったのに、
種を落とすタイミングや量など、パセリにお任せした結果は絶妙でした。
10月の小さな間引きパセリ。香りがとても良い。
a0135201_1020105.jpg

[PR]