はたけのおはなし*

花から種へ(ルッコラ編)

元気で強い「ルッコラ」の種採り。
サラダミックスの種を蒔いても、ルッコラが勢いよく生長し、
結局、ルッコラだけを育てているような状態になります。
ベランダで、鞘を乾かしていると、
プランターにも種が飛び、また生えてきます。
a0135201_21474856.jpga0135201_19101295.jpg

[PR]

やぐらねぎ3年目

この土地で、やぐらねぎの櫓(子株)は、5月に出てきます。
しかし、5月の高温乾燥の気候が苦手な様子で、
去年は、出現した櫓が全く増えませんでした。
a0135201_1958635.jpg
今年も暑い5月でしたが、冬に集まった落ち葉をそのままにし、
湿度を保ちながら、いくつか子株を取りました。
a0135201_2015229.jpg
土も湿ってきたので、植えてみます。
この小さな櫓は、根付くでしょうか?
a0135201_2040155.jpg

[PR]

マクワウリ

種を頂き、初めて育てている「マクワウリ」です。
4月中旬に直播きしました。
土がパサパサに乾いた暑い日々も、無潅水で乗り越え、
じっくりと育っている5月の姿。
a0135201_20131521.jpg
湿度が高くなると、一気に伸びてきました。
ジメジメの季節も、元気に育ってほしい。
a0135201_20143180.jpg
小さい実がついてきて、今後の展開が楽しみです。
a0135201_20151421.jpg

[PR]

花から種へ(法蓮草編)

自家採種4回目の日本ほうれん草。
畑に残しておいた数株から、たくさんのタネが実りました。
a0135201_1444212.jpg
鋭いトゲのある種が、全体的に乾燥してきたので、
ソールが頑丈な登山靴を履いて、踏んでいます。
a0135201_1595155.jpg
手で触ると痛いし、踏んだ方が簡単にバラバラになりました。
もう少し干して、選別して、瓶へ保存しておきます。
a0135201_15191341.jpg

[PR]

芋苗用サツマイモ

蒸し暑くなり、サツマイモの葉が育ってきています。
あと少しで、苗取りできそうなので、
気兼ねなく、残りの貯蔵イモを食べきりました。
ベニマサリとムラサキイモで、2色の大学芋。
a0135201_16293794.jpga0135201_16314146.jpg

[PR]

エンドウマメ3種

早くも終わりつつある、エンドウマメの季節。
赤い花は、莢が大きく収穫しやすい「仏国大莢豌豆」。
a0135201_2321910.jpga0135201_2324596.jpg
白い花は、小さい莢がたくさん実る「日本絹莢豌豆」と
a0135201_2305775.jpga0135201_2312664.jpg
自家採種しているうちに、皮が硬い品種に変化して、
実豌豆専用になった「グリーンピース」。
旬は、あっという間に去っていく。名残惜しいです。
a0135201_2334545.jpga0135201_234281.jpg
[PR]