はたけのおはなし*

草取り(4日目)

昨日は、疲れて夜7時に就寝。そして起きたら朝5時。
すごーく深い眠りで、10時間も寝てしまった...。お陰で、全身爽快!
本日も引き続き、ひたすら草の根除去作業。
畑にいると毎日、同じ人が畑の脇の道を挨拶をして通って行く。
初日に色々と教えてくれたおばあちゃんは、いつも進み具合を楽しみに見に来てくれる。
本日は、ここまで↓。畑を作る予定の面積のおよそ4分の1まで終わった。
a0135201_022161.jpg

a0135201_8192955.jpg11時頃、親戚の方が、南天の木を植えに来た。
毎週土曜日に木を植えるのかな?
そして気に掛かる水路部分を、トンビ鍬で掘ってくれた。
少しずつ時間を掛けて掘っていった方がよいらしい。
水が多く、常に湿っている地帯は駐車場にすることにした。

夕方からは、夫の実家へ。a0135201_0442963.jpg
義母がスイス旅行に行き、チーズフォンデュを買ってきたので御馳走になりに。やはり本場の味は、全然違うぞ。美味しすぎ〜。
しかも、チーズの中には黒トリュフまで入っている。
今まで食べたチーズフォンデュとは比べ物にならないコクと深い味わいがありました。
農作業後の食事は、特に最高です。あー、美味しかった!。
[PR]

草取り(3日目)

朝4時に家を出発、畑へ。
今日の午前中で、大雑把だが全体の上草だけは刈り終えた。ヤッター!
a0135201_23345415.jpg

a0135201_23422242.jpgしかし、どんどんまた伸びてしまうので、すぐに根っこ除去作業開始。スコップと鍬で深く掘り起こした後、ひたすら根っこを手で拾い集めていく。(←集めた根の写真)
根っこが、木の枝のように太く長いものもあり、根の力強さには本当に感心する。
早朝、草の薫りに包まれての作業はとっても気持ちが良い。
ずうっと下を向いて黙々と作業をしていると、脚・腰・背中が痛くなってくる。無理するとツライので、お昼で終了。
本日は、ここまで↓。
a0135201_0367.jpg

[PR]

収穫

本日は、早朝から10坪農園へ。
草取りを済ませ、食べ頃の野菜たちを収穫。
トウモロコシは、あと数日かかりそう。
無肥料栽培にしてからは、成長がとてもゆっくりになり、収穫時期を逃すことがなくなった。
トウモロコシも同じ品種なのに、お隣さん(黒マルチの列)より背丈が40cmくらい低い。
うちの区画以外は有機肥料たっぷり入れていて、これだけ雨が多いのに肥料分は流れて来ないのでしょうか。不思議です。
a0135201_19253696.jpg
a0135201_19254969.jpg

[PR]
# by ouchitm | 2009-07-07 19:52 | etc.

草取り(2日目)

雨が降りそうだが、朝から畑へ。
結局1時間くらいで、強い雨が降ってきて終了。
でも、少しだけでも作業が進んでよかった。
a0135201_21153786.jpg
帰り道、温泉の無料足湯に寄って、ひとやすみ。
そこで、両足の裏にまめができていることに気づく。全身血行がよくなってポカポカ。
[PR]

草取り(1日目)

本日も早朝から畑へ。
到着してみると、あれ??この前は、無かったローズマリーと、キンモクセイが増えている。
親戚の人が植えてくれたみたい。草は日々元気に伸びている。
まずは、この強く根を張っている草を一度全部抜いてきれいにすることにした。
鍬と鎌で草取りをしていると、散歩中の近所のおばあちゃんが、「もっと深く鍬を入れて、草の根を全部取らないとダメだ。」と言って、お手本を見せてくれた。
慣れた手つきでどんどん土を掘り起こしていくと、白と黒の太い根っこが出てくる出てくる。
おばあちゃん、スゴイ!!昔は、男の人が掘り起こして、女の人が根を拾い集めたそうです。
白いのがチガヤで、黒いのがスギナの根。探すといくらでも出てくる。
今後は、この地道な草の根除去作業が延々と続くことになります。
a0135201_20283952.jpga0135201_20285626.jpg
そして新情報。そのおばあちゃんによると、ここは畑だった。え?田んぼじゃなかったの?
確かにその前は田んぼで、その後盛土してネギとか作っていたらしい。
つまり、15年くらい前まで田んぼで、その後3年くらい畑だったことになるのかなあ?
土を掘ると深さ15cm程の所に粘土質の硬板がある(写真右上)。
その上が砂質なので、この部分を盛土したということなのだろうか? 盛った土は一体どこの土?
a0135201_20581588.jpg
本日はここまで終了。慣れない作業で、全身くたくたです。
土の部分が見えてくると、少しずつ畑らしくなってきてうれしい。
[PR]

木村さんに会いに...

今日は、GREEN EXPO 2009へ。
木村秋則さんの講演を聞きに行きました。
今まで木村さんの書籍を何度も読み、大きな夢と希望を与えて貰いました。
今日はお目にかかれて本当に幸せです。
実際の木村さんは想像していた通り、決して奢り高ぶることのない、その一言一言からは心の優しさが伝わってきました。今でも当時を思い出すと涙が出てくると、涙を流しながら無農薬でりんごが実るまでのお話をしてくださいました。
a0135201_1329437.jpg

「私は、肥料・農薬が悪いと言っているのではありません。ただ、今の農業はあまりにも、肥料・農薬に頼り過ぎています。少しずつでいいから、使う量を減らしていきましょう。
そうすることは何よりも、人にも環境にもやさしいのですから。
現在、様々な事件が起きています。弱い者に対するいじめ・暴力。それと全く同じ事が、あの狭い畜舎の中で起きているのです。ある養豚場で、それを直面した木村さんは、
餌を替えてみる事を提案。その結果、豚たちは穏やかになり、いじめは全くなくなったそうです。
”食”とは字のとおり、人を良くするものであるべきです。
健康=健体康心(けんたいこうしん)。良い心が良い日本を作ります。
農業が変われば、日本はもっともっと良くなります。
是非、みんなで力を合わせて頑張っていきましょう。」

a0135201_14515475.jpg今回このEXPOには、一生懸命良い物を作ろうと日々努力されている食の学校の方々が、たくさん集まっていました。
その中の一つ、善光園の無施肥・無農薬栽培茶を購入。
まろやかで、苦味が全くなく、体にスーッと入ってくるとても優しい味のお茶でした。
[PR]
# by ouchitm | 2009-07-04 13:25 | etc.