はたけのおはなし*

タグ:その他の豆類 ( 55 ) タグの人気記事

土と野菜の変化

今のソラマメさん。地上部は、昨年末とあまり変わりませんが、
土の中では、立派な根が育っていることと思います。
a0135201_13284748.jpg
この冬の野菜の変化は、根っこが非常に強くなったことでした。
 味は優しく、根はたくましい。。土が変われば、野菜も変わる。。
今年も、より一層の美味しさを目標に、どんどん野菜を育てていきます。a0135201_14584182.jpga0135201_14592393.jpg

[PR]

??2012年、ありがとうございました??

土は、たくさんの植物を生産し、分解している。
そこには、目に見えない膨大な生き物たちがいる。
と、現実的にわかった時、野菜もグンと元気になった気がします。
肥料・農薬・除草剤を使わない野菜作りは、本当に面白いです。
これからも、土と仲良く、学んでいきます。
今年もありがとうございました! また来年、暖かくなった頃に。040.gif
a0135201_21393214.jpg

[PR]

秋の枝豆

昨年の秘伝豆は、カメムシとアリのオンパレード+猛烈な台風で終了。
今年、秘伝豆の代わりに育ててみた「◯◯在来」(弘さんの無肥料自家採種品)は、
最後まで育ってくれて嬉しいです。
a0135201_16515385.jpga0135201_16504431.jpga0135201_1650338.jpg
それでも、莢付きで食卓に登場しないのは、
一粒一粒、虫が入っていないか要確認だからです。
来年こそは莢のまま食べたい、秋の枝豆。
a0135201_9484744.jpga0135201_9511455.jpg
[PR]

☂Rainy Season

イキイキと輝くグリーンピース、ソラマメ、エシャレット。
少し残しておけば、み〜んな「種」になる。
年に1度しか種採りできないものが多いので、
湿った季節ですが、上手く乾燥保存していきます。
a0135201_18102682.jpga0135201_1758152.jpg

[PR]

おおきな莢

膨らんできた莢に近づくと、ツ~ンと香る蚕豆。
右は、サヤが10cm程もある柔らかくて美味しい仏国大莢豌豆。
エンドウな毎日が終わる頃、ソラマメをいただけそうです。
a0135201_20224054.jpga0135201_20231955.jpg
豌豆の支柱に蜂の巣を発見! なぜ、こんなところに???
巣に近づくと、こんな顔で022.gif 蜂が睨んできます。どうしましょう...。008.gif
※ 後日...、蜂の巣は消えてしまいました。2日連続で来た暴風雨の影響だと思います。
a0135201_2057253.jpg

[PR]

サヤサガシ

だんだんだんだん目が慣れてくると...004.gif
a0135201_14154387.jpg
もっともっと多くのサヤが見えてくる〜。027.gif
a0135201_14162271.jpg
パリパリポリポリ...と、毎日すごい勢いで食べてますが、
種を蒔いてから半年もの月日をかけて育ったエンドウさんは、
人間の為に実っているのではないのですよね。
タネを残すために実っているのですから、美味しいお裾分けをいただいた分、
種採りをして御礼をしたいという気持ちになるのです。
a0135201_17533571.jpg

[PR]

「お花見」月間

056.gifはたけのおはなみ*056.gif
a0135201_20104615.jpga0135201_21264615.jpg
a0135201_2010859.jpga0135201_2125240.jpg
a0135201_21282188.jpga0135201_21285258.jpg
左上から、
ルッコラ、ソラマメ
2種のダイコン
ホウレンソウの株


きれいな花を、のんびりと見ていたいものですが.....。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
実際の姿は、全身ぐるぐる包帯巻きだったり、
a0135201_1526929.jpg
背の高いライ麦に挟まれながら、ひっそりと咲いていたりします。
タネを採る為に、少しでも交雑を防ごうという試みです。
a0135201_15282518.jpg

[PR]

サヤエンドウと麦

伸びて絡んで...毎日活発に動くサヤエンドウの花。
a0135201_9332217.jpg
隣に並ぶ大麦も、ちょうど同じ位の背丈。
a0135201_17154275.jpga0135201_9433526.jpg
畑にいる時、一番多く質問されるのが、この麦についてです。
「これは何ですか?」「何に使うのですか?」etc...。
その中でも「麦は懐かしいねー。」と言われたのは、昔農家だった御年配の方。
昔は皆んな、よく麦を植えていたそうです。
[PR]

4月上旬の苗

第一陣の苗は、ここまで大きくなりました。
a0135201_9574591.jpg
こちらは、自家菜園の野菜を無肥料で育てている弘さんから頂いたタネ。↓
a0135201_14374341.jpg
2種のナスは、順調に発芽して育っています。
さんが大切に育ててきたお茄子さま
我が家でも、元気に育ってくれるよう頑張ります。
そして、と〜っても美味しいらしいのです。楽しみだなぁー。
a0135201_9501852.jpg

[PR]

癒しの枝

剪定したラベンダーの枝が沢山あるので、ニンニクとエシャレットに敷いてみたり、
a0135201_15215072.jpga0135201_15222317.jpg
エンドウマメの風除けにしたりして、防寒しています。
a0135201_15283782.jpg
すると、巻きついてきました! きっと癒されてますね、野菜たちも。063.gif
a0135201_15295023.jpg

[PR]