はたけのおはなし*

カテゴリ:貸し農園で自然栽培( 227 )

大きな豌豆、実る

仏国大莢豌豆、いっぱい実ってます。重たそうです。
大きな莢をとってあげて、あ〜身軽になりました〜。
a0135201_22115527.jpg
エンドウマメが美味しいこの時期、集中的に食べてます。
次に蒔くタネもたっぷり確保し、自家採種8回目。
a0135201_19140282.jpg
サヤエンドウの手前にライ麦を植えておくと良い点
・強風が遮られ、ダメージが少ない。
・豆が目立たないからか、完熟豆を鳥が食べに来ない。
・穂の収穫後は、夏野菜の敷草⇒通路に敷く⇒自然と土になる
.....など。
a0135201_19100484.jpg

[PR]

続・ベランダ育苗

強風の時は、背の高いダンボールの中へ移動し、
a0135201_21384475.jpg
夜間や低温の日は、穴あきビニールをかけたり、
種をまくと、毎回初心に戻って夢中でお世話しています。
a0135201_21053413.jpg
いよいよ暑くなり、日に日に大きくなった苗を、畑へ定植しはじめました。
今回、神田四葉胡瓜が、あまりにも発芽しなかったので、
この奥武蔵地這胡瓜は、よく育って欲しいです。
a0135201_22122304.jpg


[PR]

開花と発芽

暖かく穏やかな春です。
仏国大莢豌豆の花が咲き始め、
a0135201_19102346.jpg
皮から抜け出したミニトマトの種が、元気よく発芽しました。
a0135201_19133618.jpg
今のところは、とても順調な気配のベランダ育苗ですが、
今年の夏野菜は、どうなるでしょうか。。。
a0135201_20152814.jpg
a0135201_19171025.jpg
暑い日が続いたので、美味しいキュウリの実りが待ち遠しいです。
a0135201_19180875.jpg

[PR]

謹賀新年

枯れ葉が積もる畑の苺。
今年も、いいお味の野菜たちに出会えるのが楽しみです。
a0135201_11325250.jpg

[PR]

ユーカリと豆

冷え込み厳しくなり、エンドウマメの冬支度を。
春に植えたユーカリが巨大化しているので、
枝を切って、株元に沢山挿してみました。
よく絡みつきそうです。スーッと爽やかな香りも良いです。
a0135201_13341050.jpg

[PR]

のらぼう菜とケール摘み

まだ10月ですが、冬のように寒い日が続くと、
そろそろ、のらぼう菜が食べたくなり、
早くも内葉を摘みはじめました。
この秋は、いつもより随分大きくなっています。
a0135201_16175427.jpg
同じく寒さ好きのレッドロシアンケールも、元気が出てきました。
a0135201_16172345.jpg
種をたっぷり採って、9月にも蒔きましたが、
畑で自力発芽して夏を越したものの方が、よく育っていて、
每年いろんなことが、本当に違うなぁと思います。
a0135201_18054390.jpg

[PR]

不思議なトマト

自然生えトマトの中から、こんなトマトが現れました。
どう見ても顔に見えるので、迷いつつ、、
結局、3日ほど飾っておいて食べました。
このトマトの種を来年蒔いて、顔トマトがたくさん実り、、、
なんてことになったら、愉快ですね。
a0135201_15331392.jpg

[PR]

自然生えトマト

越冬した実から目覚めたトマト達。集団で発芽してきます。
a0135201_20525636.jpg
そして、壁際や他の野菜に隠れたりして、ひっそりと育っていることが多い。
自分の身を守るために、その場所を選んでいるように見えます。
採種用大根の下にいるトマト。何トマトかな?
品種が判明するのは、実った時のお楽しみに。
a0135201_09214807.jpg

[PR]

殻付き落花生

気温の高い日が続き、土に潜っていた落花生が一気に飛び出してきました。
畑の中で一番存在感がある発芽です。
この後は、真夏に土を覆いたい箇所などに定植して、
他の野菜を助けてもらおうと思います。
a0135201_20225404.jpg

[PR]

春。緑のスープ

春。ルッコラがのびのびと咲いています。
a0135201_13524025.jpg
エンドウマメと亀戸大根も伸びはじめ、
a0135201_14020178.jpg
ふわふわと柔らかい春菊は、春の味。
a0135201_14264130.jpg
のらぼう菜も薹が摘める季節です。
a0135201_14141106.jpg
のらぼう菜と春菊のスープ。櫓葱とパセリの新芽をのせて。
a0135201_14154091.jpg

[PR]