はたけのおはなし*

タグ:キュウリ ( 22 ) タグの人気記事

続・ベランダ育苗

強風の時は、背の高いダンボールの中へ移動し、
a0135201_21384475.jpg
夜間や低温の日は、穴あきビニールをかけたり、
種をまくと、毎回初心に戻って夢中でお世話しています。
a0135201_21053413.jpg
いよいよ暑くなり、日に日に大きくなった苗を、畑へ定植しはじめました。
今回、神田四葉胡瓜が、あまりにも発芽しなかったので、
この奥武蔵地這胡瓜は、よく育って欲しいです。
a0135201_22122304.jpg


[PR]

開花と発芽

暖かく穏やかな春です。
仏国大莢豌豆の花が咲き始め、
a0135201_19102346.jpg
皮から抜け出したミニトマトの種が、元気よく発芽しました。
a0135201_19133618.jpg
今のところは、とても順調な気配のベランダ育苗ですが、
今年の夏野菜は、どうなるでしょうか。。。
a0135201_20152814.jpg
a0135201_19171025.jpg
暑い日が続いたので、美味しいキュウリの実りが待ち遠しいです。
a0135201_19180875.jpg

[PR]

種採り胡瓜

種採り用の大きなキュウリと、その日収穫した食べ頃のキュウリが、
品種は違うのですが、たまたま同じ形をしていました。
a0135201_1625254.jpg
痛いほど尖ったイボイボ肌で、引き締まった実のキュウリは、
ぬか床に入れておくと、強烈な旨味が出てくるのです。
a0135201_16451417.jpg
そんな期待以上の味を出してくれるキュウリを切ったら、
何だか、楽しそうな表情でした!
a0135201_1646286.jpg

[PR]

夏の瓜

酷暑に見舞われた夏。
かなり体力消耗した感があり、
こんな夏こそ、胡瓜をいっぱい食べたかった。。。

6月末の、相模半白胡瓜(左)と、神田四葉胡瓜(右)。
その後、やっと実がついてきた頃の悪天候から不調になり、
豪雨の後、完全にキュウリは枯れてしまいました。
a0135201_1695788.jpga0135201_21142529.jpg
そして、楽しみにしていたマクワウリも、同じ時期に同じ症状で消滅。
わずかに残った実は、ギリギリ漬物になりましたが、
来年は、完熟させて食べたいです。
a0135201_15303371.jpga0135201_15335256.jpg
[PR]

西瓜と胡瓜

暑い夏に一番元気だったスイカちゃん。
スイカは、農作業の休憩時に、畑で食べるのが一番好きですが、
そういう場所でもないので、出かける前に切っておいて、
帰ってきたらすぐ食べると、生き返る〜??
ベタベタと甘ったるくなく、水分いっぱいで、
育てるのも簡単だし、すばらしい食べ物です。
a0135201_1740826.jpg a0135201_17393085.jpg
a0135201_1738862.jpga0135201_17411388.jpg
一方、キュウリは、スイカの何十倍も種を蒔いたのに、
実り少ない日々で、まだまだ工夫が足りないようです。
相模半白胡瓜の種採りもできました。
キュウリの気持ちになって、また来年、頑張ります。
a0135201_1846537.jpg

[PR]

地這胡瓜

去年までは、7月上旬に蒔いて、秋に収穫のキュウリでしたが、
今年は4〜5月に蒔いたので、夏の「霜知らず地這胡瓜」です。
引き締まった実に旨味があり、何本でも食べてしまいそうですが、
種は、結構多めに蒔いた方がよいので、
しっかりと種採り用も、残さなければなりません。
a0135201_1515546.jpga0135201_1522855.jpg
[PR]

家庭菜園と自家採種

自家採種をすることで、家庭菜園の在り方が大きく変化します。
種蒔きから種採りまで、すべての過程を自分で行うと、
今、こうすることによって、来年どうなるか? 
5年後、10年後、50年後、100年後.....どうなるか?
未来を想像し、良い方法を考えるようになります。
種を採っていれば、每年の続きがずうっとできるからです。

ということで、長〜い靴べらのようになった神田四葉胡瓜の種採りです。
見た目が立派なので、種が沢山入っているかと思ったら、とても少なかった。
しかし、少なくても優秀な種かもしれません。
a0135201_55953.jpga0135201_553894.jpg

[PR]

交雑している編Part3

ついに、神田四葉ではないキュウリも出現しました。
左の2本は、交雑していると思われます。
外見の違いは、イボと縦シワが弱く、やや太め。
食べてみると、独特の歯切れが.....ない。
キュウリは簡単に交雑することがわかったので、
自家採種の際は、要注意です。
a0135201_1791826.jpg

[PR]

長さ30cmを超える胡瓜

収穫時、キュウリをビニール袋に入れていたら、トゲトゲが袋を破り、
大切なキュウリが地面に落ちて...、置き去りに...、なっていたことがあるので、
布で包んで持ち帰っている、神田四葉胡瓜です。
こんなに鋭いトゲの肌も、食べると柔らかく、
固定種野菜の旨味に每年感動しています。
a0135201_12112728.jpga0135201_15155967.jpg

[PR]

うるおいの雨☂

梅雨らしき雨が降り、畑にも潤いをもたらしてくれました。
神田四葉キュウリは、4月中旬に直播き。
ステラミニトマトは、昨年落ちた実が自然に発芽したもの。
雨のお陰で、急に活気づきました。
地上部の生長スイッチが、やっとONになったようです。
野菜の気持ちになって、雨に心から感謝しています。
a0135201_14324140.jpga0135201_1433865.jpg

[PR]